Walking on a Dream/ EMPIRE OF THE SUN (2008)

0

    1. Standing On The Shore
    2. Walking On A Dream
    3. Half Mast
    4. We Are The People
    5. Delta Bay
    6. Country
    7. The World
    8. Swordfish Hotkiss Night
    9. Tiger By My Side
    10. Without You

    そしてデラックスエディションにはCD2がつきます。
    1.Breakdown
    2.Romance To Me
    3.Walking On A Dream (Sam La More 12" Remix)
    4.Standing On The Shore (Losers Remix)
    5.We Are The People (The Shapeshifters Vocal Mix)
    6.Without You (New Version)
    7.Swordfish Hotkiss Night (Eron Mezza Remix)
    8.Standing On The Shore (Hey Today! Remix)
    9.Walking On A Dream (Ben Watt Remix)
    10.We Are The People (Shazam Remix)
    11. Girl
    12.Etude

    EMPIRE OF THE SUNの1st。

    ワシのアンテナがへし曲がってたのかで先日気づいたんす。

    2ndが出てました。


    1stが好きすぎてか素晴らしすぎてか

    今んとこ1stの延長という事でも充分なのですが

    良くも悪くも1stの延長上なE感じといった生意気な感想が出て来てます。


    「なんでワシはこんなにも生意気なんだ」

    とワシなりに3時間ほどワシの頭蓋骨とボディーで会議したところ

    1.唄のヴォリュームがトラックと比較して出過ぎている

    2. 裏声パートが多すぎて美しすぎた

    3.いかにも世界のセレブがオシャレなバーで横揺れしそうな感じがちょっと漂い過ぎ。ねらっちゃった?

    ん〜実に生意気です。

    自分の生意気さに嫌気がさしますわ。


    "コンプレッサーの処理がキツすぎで音がつぶれちゃってるんかな?スケジュールがハードやったんすか?"

    とか勝手に色々当人様達の事情を想像したりしてますが

    とにかく彼らの

    コンセプトといいますか徹底された設定は岩のように硬く

    凛と現代に唯一の閃光。


    ファンタジーファンタジーとウルサイ現実のワシですが

    このスケスケスケベーな世の中で夢ファンタジーを抱きそしてそれを奏でるというのは貴重だと思ってるからです。

    "日記みたいな現実のようなソング"なんかよりファンタジーが欲ちいのですよ。


    ある意味変な意味

    ジグジグスパトニックと被るくらいのコンセプションをお持ちだと崇拝します。


    と思わせるほど1stアルバムは

    インパクトを持ち

    そのインパクトの扉の向こうには果てしない夢ファンタジーが完璧以上におっぴろげられてたんす。

    華を通り越したキャラ設定といいましょうか

    初めてジャケットを観たとき映画のサントラとしか思えなかったです。

    そしてグラムロックのようなスイートな味がするんですよね。





    お金もかかってる。今後もドンドンかけてもらいキープオンファンタジーをお願いしたいです。




    Witching Hour/ LADYTRON (2005)

    0

      1. High Rise
      2. Destroy Everything You Touch
      3. International Dateline
      4. Soft Power
      5. Cmyk
      6. Amtv
      7. Sugar
      8. Fighting In Built Up Areas
      9. The Last One Standing
      10. Weekend
      11. Beauty 2
      12. White Light Generator
      13. All The Way/ Silence

      LADYTRON3枚目。

      最近一気に涼しなってきたので著者もロマン非行に走ります。


      どうしたって興味が沸くバンド名ってありますよね。

      LADYTRONですよ。

      ロキシーミュージックの曲名ですよ。

      ほんでファッションもシャレオツ。

      ほんのりインテリジェンスほんのりダークほんのりシンセティック。

      そらサイコーです。

      この曲が存在してる曖昧な世界は秋の匂いと相性グンバツでっせ。


      なんだかんだでこのレディートロンが擁してる"モダン"

      という味付けがそこらのダークマンと一線を画しておられます。

      解釈が裕福なんすかね。


      おなじ尖ってるシューズでも

      ドンキとサンローランは違う。ってな感じです。

      高けりゃいいって話しではなくて

      気品といいますか。


      聴いてると

      いい洋服着てええ車のってる気分になりますよ。

      車はなんならポリススピナーっす。


      TheFutureEmbrace/ BILLY CORGAN (2005)

      0

        1. オール・シングズ・チェンジ
        2. ミナ・ロイ (M.O.H)
        3. ザ・カメラアイ
        4. ラヴ・サムバディ
        5. A100
        6. DIA
        7. ナウ (アンド・ゼン)
        8. アイム・レディ
        9. ウォーキング・シェイド
        10. ソロウズ (イン・ブルー)
        11. プリティ、プリティ・スター
        12. ストレイズ

        ビリーコーガンさんのソロ1。

        ビリーさんと言えばグランジすなわちスマッシングパンプキンズですが

        正直デビュー当時からベースのオネエチャンが好きだったので聴いてましたが

        メランコリックが爆発するAdoreまでそない好きちゃいましてん。


        個人的に「ええ感じになった」と思ったら活動OFFだったんですが

        そのあと突如のソロでえらいやらかして下さいました。


        このちょっと前くらいに第二次ポストパンクバンド大氾濫で

        もうええって なブームな頃でしたが

        そんな頃に出たこのビリーさんのロマンチックは洗練燻し指数があまりにロマンチック。あまりに。。。


        まさかの上品なポジパンギタープレイで終始つっきってますので

        ダークっちゃあダークなのかも知れませんが

        暗い明るいで測ってはイケナイ壮大なスケールで

        どことなく未来感も漂いまくりマス。

        グラデーションパネルがホワンホワン移ろうステージは

        更に想像を遥かにブッとばす天然ビューティフルでした。

        スタンディングシンセドラムと

        ゴッスいストロベリーお姉ちゃんとのバランスもサイコーでした。



        この続き

        待ってます。


        Supernature/ Goldfrapp (2005)

        0

          1. OOH LA LA
          2. LOVELY 2 C U
          3. RIDE A WHITE HORSE
          4. YOU NEVER KNOW
          5. LET IT TAKE YOU
          6. FLY ME AWAY
          7. SLIDE IN
          8. KOKO
          9. SATIN CHIC
          10. TIME OUT FROM THE WORLD
          11. NUMBER 1
          12. BEAUTIFUL* (*bonus track)

          Goldfrapp 3枚目。

          とっても美しく

          とっても深く

          切なくてグラマラスでもって

          決してややこしくない"ファンタジーという曖昧な世界"がこれでもかと詰まっているのである。

          ヴィンテージとモダンのバランスを見事に操っておられます。


          聴けば

          暑い夏に冷房の効いた部屋でゆったりしながらチョコレートを食っているよな幸福感にひたれますよ。

          ハッタリという
          魅せるファッション的センスもさながら

          実力がホンモノという
          LIVEがとても素晴らしいので(更にホレます)

          こちらのDVDもオススメしときます。





          1

          calendar

          S M T W T F S
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          30      
          << September 2018 >>

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          recommend

          links

          profile

          書いた記事数:88 最後に更新した日:2014/03/16

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM