CASINO DRIVE/ RED WARRIORS (1987)

0
    おっとっと。更新お久しぶります。



    1.CASINO DRIVE
    2.I MISS YOU
    3.OLD FASHIONED AVENUE
    4.OUTLAW BLUES
    5.MORNING AFTER
    6.JOHN
    7.MONKEY DANCIN'
    8.FOOLISH GAMBLER
    9.WINE & ROSES #2 (Club Version)

    なんとなく3年ほどぶっ続けで追いかけ過ぎたメタルっぽいのに飽きてた高校3年の頃。

    いろいろ聞かな なんかスゴイのないか と思ってた頃。

    夜ヒットで突然見た事のないとんでもないロックンローラーが出てきた。

    ダイヤモンドと自分の名前に付けるバッドボーイは

    骨折してるのにも関わらずTVの向こうで女をはべらかす唄を歌う。

    ジゴロみたいな格好をし

    松葉杖をブンブン振り回すユカイさん

    それと心地良いカッティングでサイコーにドライブするシャケさんのギター

    なんか伝説を見たって感じの衝撃。

    アンツーリーオー!


    ホンモノのロックの匂いのするイロモノだぜ。

    とにかくシャケさんのギターがごっつい弾き方からなにからなにまで超越しまくりで

    カッコ良くてカッコ良くて

    カッティングやっばー!と押さえた事のないコードを押さえはじめましたね。

    1st"lesson 1"のSHOCK MEもサイコーにゴキゲンなジャパニーズバッドボーイズアンセムっす。



    知ってる人は知ってるとおもいますが

    シャケさんはレベッカの初期メンバーです。



    JOY STICK/ KILLER MAY(1986)

    0

      1. ウェルカム・マイ・ジェネレーション
      2. ノー!ノー!ノー!
      3. スライダー
      4. ドリーミン
      5. ファッキン・ウィズ・ア・ヴァージン
      6. キス!ミー
      7. オールドマン、コールドマン
      8. ヘイ!ガール
      9. ジョーカー
      10. ロックンロール・ザ・ベスト・オブ・ミュージック
      キワモノイロモノKILLER MAYのデビューアルバム。


      この辺りからメタル以外のものというか異なったものが気になりはじめだした頃。

      DEAD ENDやガスタンクやウィラードやら。

      "メタルは他とは違う"と入り込んでいたのですが

      ジャンルという制限で色々見に行くうちにやっぱりかっこEと思えないヤツも出てくるじゃないですか。

      ジャンルじゃないなぁ。

      今思えば

      "ルールに縛られているのって何も感じない"という事だったのでしょうが。


      そんな頃キラーメイが登場したんス。

      それはそれはセクシャルな売り出し方されてまして

      バカなら興味がわかないはずがないですよね。


      いうてもまだメタル友達とよくライブに行ってたんですが

      87年やったかな?

      京都のスポーツバレーのモンスターなんとかっちゅうイベントにて

      キラーメイが突然出て来てビックリした光景を思い出す。


      まずvo.のレイノさんはオカマキャラがキョーレツ。

      当時オカマといえばカルーセル麻紀さんくらしか認めてられてないですよね。


      そのイベントに出てたのは当時の勢いバリバリのインディーズのバンドで

      X、カラー、プレゼンス、メフィストフェレス、デランジェ、ジギー。。

      あとは覚えてませんがなんかスゴイなぁ。


      そんな中エマさんのカッティングギター

      トータルでロッキーホラーショーみたいなパフォーマンスで

      エロエロでした。


      メタルブームが絶頂=これから下火? 

      みたいなときに出たこのアルバム。

      思い出深いです。

      ビートもめっちゃ聴いてマス。













      東京-ニューヨーク/ ウォッカコリンズ(1974)

      0


        1. オートマティック・パイロット
        2. ビリー・マース
        3. ターミナル・シティ
        4. サンズ・オブ・タイム
        5. ポンティアック・パン
        6. ダイヤモンド・トゥ・ダンガリー
        7. モニター
        8. バキューム・ガール
        9. スクラッティン

        1974といえばボクさすがに4歳という事で

        その当時は"およげ!たいやきくん"を聞くので精一杯でしたが

        2000年くらいにプライマルスクリームのサイケ感にどハマりして以来

        それがキッカケとなって70年代お勉強ブームがワシに到来し

        グラム/ガレージ/サイケの旅を割としたんです。


        丁度その頃このニホンゴグラムロックに出合い

        その完成度の高さにひれ伏しました。

        vo.がアランメリルという外人さんなので勿論ほとんど英詩ですけど。

        メンバーにかまやつひろしさんもおられます。


        これでもかとイワンバカンとボランブギー。

        勿論フォーマットはT-REXなんでしょうが

        実に甘く優しく切なく

        70sグラムのおいいしい極上の空気が真空パック。



        1

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:88 最後に更新した日:2014/03/16

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM