JOY STICK/ KILLER MAY(1986)

0

    1. ウェルカム・マイ・ジェネレーション
    2. ノー!ノー!ノー!
    3. スライダー
    4. ドリーミン
    5. ファッキン・ウィズ・ア・ヴァージン
    6. キス!ミー
    7. オールドマン、コールドマン
    8. ヘイ!ガール
    9. ジョーカー
    10. ロックンロール・ザ・ベスト・オブ・ミュージック
    キワモノイロモノKILLER MAYのデビューアルバム。


    この辺りからメタル以外のものというか異なったものが気になりはじめだした頃。

    DEAD ENDやガスタンクやウィラードやら。

    "メタルは他とは違う"と入り込んでいたのですが

    ジャンルという制限で色々見に行くうちにやっぱりかっこEと思えないヤツも出てくるじゃないですか。

    ジャンルじゃないなぁ。

    今思えば

    "ルールに縛られているのって何も感じない"という事だったのでしょうが。


    そんな頃キラーメイが登場したんス。

    それはそれはセクシャルな売り出し方されてまして

    バカなら興味がわかないはずがないですよね。


    いうてもまだメタル友達とよくライブに行ってたんですが

    87年やったかな?

    京都のスポーツバレーのモンスターなんとかっちゅうイベントにて

    キラーメイが突然出て来てビックリした光景を思い出す。


    まずvo.のレイノさんはオカマキャラがキョーレツ。

    当時オカマといえばカルーセル麻紀さんくらしか認めてられてないですよね。


    そのイベントに出てたのは当時の勢いバリバリのインディーズのバンドで

    X、カラー、プレゼンス、メフィストフェレス、デランジェ、ジギー。。

    あとは覚えてませんがなんかスゴイなぁ。


    そんな中エマさんのカッティングギター

    トータルでロッキーホラーショーみたいなパフォーマンスで

    エロエロでした。


    メタルブームが絶頂=これから下火? 

    みたいなときに出たこのアルバム。

    思い出深いです。

    ビートもめっちゃ聴いてマス。













    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:88 最後に更新した日:2014/03/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM