PEEP SHOW/ SIOUXSIE & THE BANSHEES(1988)

0

    1 Peek-A-Boo
    2 The Killing Jar
    3 Scarecrow
    4 Carousel
    5 Burn-Up
    6 Ornaments Of Gold
    7 Turn To Stone
    8 Rawhead And Bloodybones
    9 The Last Beat Of My Heart
    10 Rhapsody

    バンシーズ9枚目。

    スージーには

    音楽に心象を放り込むというイロハにABCに足し算引き算掛け算割り算

    本当に色々教えてもらった。

    擬人化して表現するなら"おかあちゃん”なのだ。


    故にアルバムに異なる旨味があるので

    順番なんて付けられません。


    1st. SCREAMはパンクの匂い漂う全ての始めまりで

    2nd. JOIN HANDSは新しい闇の様式が狂おしく

    3rd.KAREIDOSCOPEは哀愁世界最強アンセムで幕が開けるし

    4th. JUJUを聴いては感傷破裂。シンドイほどに感情持っていかれます。

    5th. A Kiss in the Dreamhouseにて更に深く深く引きずり込まれ....

    6th.HYENAだけはどうしても好きになれなくてスイマセン。

    しかし7th.TINDERBOXで新たな美し過ぎる景色がズッサーと広がりまくり

    8th. Through the Looking Glassは何をやってもスージーに聞こえる前代未聞のカバーアルバム。


    10th. SUPERSTITION, 11th THE RAPTUREでは母の優しさも備えたスージーが聴ける。


    つー事で

    9th. PEEP SHOW。

    ボクはここからリアルタイムで聴き始め支点になりました。


    アルバム事に進化していかれたおかあちゃんなのですが

    ここでの進化というか余裕からくる飛躍の大きさ広さが感動的だと思えます。


    ロックする女性といえばオトコと違い瞬間の人が多いのですが

    スージーはこのグレートな作品の枚数の分だけオトコ以上の覚悟があり貫禄になっているのでしょか。


    もう色々とにかくデカいです。


    そんなスージーが2002年サマソニで見れるという事になり

    大阪のボクは大阪のクソ暑いサマソニに行ったら

    時間通りに行ったのにも関わらず

    スージーの前の出順のはずのコーナーなんとかというバンドがキャンセルのためスケジュールが繰り越されてて

    なんとあろうことか会場に入った途端終わってた。


    会場で文句、電話で文句。ありえない悔しさにガヤりまくりました。

    けど見れない結果はどうしたって変わりません。


    しかし

    翌日はバンシーズ東京でやるという唯一の観る可能性を知り行きましたよ。


    前方のサマソニお祭りフィーバーズのフィーバーがうっとおしかったですが

    やっと会えたバンシーズは泣けに泣け泣きに泣きまくりのダダモリヤ。


    バッジーの原始人ビートもキましたしセベリンのアップアップ奏法もゴワンゴワン響き

    オンレーロンレーで目パンパン。



    この人の音楽があるか無いか知るか知らないかでえらい違う人生だっだのやも知れませぬ。




    高校のときに阪急FIVEのブラックでみかけたこのTee。
    そんときはニッキーシックスと思ってました。
















    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:88 最後に更新した日:2014/03/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM