HEART BEAT/ 佐野元春(1981)

0

    1. ガラスのジェネレーション
    2. ナイト・ライフ
    3. バルセロナの夜
    4. イッツ・オールライト
    5. 彼女
    6. 悲しきレイディオ
    7. グッド・ヴァイブレーション
    8. 君をさがしている(朝が来るまで)
    9. インタールード
    10. ハート・ビート(小さなカサノバと街のナイチンゲールのバラッド)

    佐野元春2nd。

    中2の時の友達で学校から帰宅すると

    熱笑花沢高校を読みながらウィスキーを飲むというかっこいいヤツが居た笑

    その彼の兄ちゃんがいいレコードをいっぱいもっていて。

    そこにこの佐野元春もあった。


    中学生にも判り易いいい曲だらけですぐに大好きになったぜベイベー。




    デビュー当時の吉川晃司の歌い方はこの人を意識しているのが判るぜメイビー。



    まだまだアイドル歌謡曲中心の時代に

    アイドルではない

    ちゃんと音楽してる人たちによるジャパニーズポップスの挑戦。 

    っちゅうんかな。

    ニューミュージックという日本人による日本の新しいPOPSの形。


    この空気感 幕開け感 洗練感 

    そのときのカウンターであったこの頃のニューミュージックがたまりませんよ。


    若い子には「昭和っぽい」っちゅうやつか?

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:88 最後に更新した日:2014/03/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM