東京-ニューヨーク/ ウォッカコリンズ(1974)

0


    1. オートマティック・パイロット
    2. ビリー・マース
    3. ターミナル・シティ
    4. サンズ・オブ・タイム
    5. ポンティアック・パン
    6. ダイヤモンド・トゥ・ダンガリー
    7. モニター
    8. バキューム・ガール
    9. スクラッティン

    1974といえばボクさすがに4歳という事で

    その当時は"およげ!たいやきくん"を聞くので精一杯でしたが

    2000年くらいにプライマルスクリームのサイケ感にどハマりして以来

    それがキッカケとなって70年代お勉強ブームがワシに到来し

    グラム/ガレージ/サイケの旅を割としたんです。


    丁度その頃このニホンゴグラムロックに出合い

    その完成度の高さにひれ伏しました。

    vo.がアランメリルという外人さんなので勿論ほとんど英詩ですけど。

    メンバーにかまやつひろしさんもおられます。


    これでもかとイワンバカンとボランブギー。

    勿論フォーマットはT-REXなんでしょうが

    実に甘く優しく切なく

    70sグラムのおいいしい極上の空気が真空パック。



    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:88 最後に更新した日:2014/03/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM