Teenage Snuff Film/ ROWLAND S. HOWARD (1999)

0

    1. Dead Radio
    2. Breakdown (and then...)
    3. She Cried
    4. I Burnt Your Clothes
    5. Exit Everything
    6. Silver Chain
    7. White Wedding
    8. Undone
    9. Autoluminescent
    10. Sleep Alone
    11. Shut Me Down

    そう。これは一番忘れてはいけないかもしれないけど忘れてしまいそうな事。

    音楽は上手いヘタではなく

    届くか届かないか。


    建て前のよ〜なそんな言葉は良く耳にしますが

    本当にこのヒトの音楽を聴いてリアルにそう思った。


    ロックはハミ出してなんぼ 

    すなわち孤独 

    という

    コミュニケーションしてナンボな現代社会に反した=さすらい=昭和的ヒロイズムかもしれませんが

    そういった格好良さに昭和のワシはドキっとします。


    ローランドさんと言えばバースデーパーティー。カミソリギター!

    と有名ですが

    ニッキサドゥン、リディアランチと一緒にやってた頃や

    THESE IMMORTAL SOULS, CRIME & THE CITY SOLUTION

    の頃の方が好きで


    ソロ名義は更に更に です。

    自然体の哀愁がどんどん深まる成長っぷりがスゴいです。


    ローランドさんの漂わせる"空気間"。

    時代性がどやとかメロディーがどやとか

    そんな事で判断してる次元すら恥ずかしくなるくらいの

    真の自由を感じさせられます。

    未完成なのか完成なのかすら関係ないような。

    このヒトは持ってる自分を使う天才ですよね。


    どっちかというとダークっちゃあダークなんですが

    ダークな事をやろうと思っているなんて事はきっとないでしょう。

    肌触りは優しく 表面は非常に絶妙で曖昧で

    人間はそもそもダークな部分も持ってるよ。と人間讃歌を奏でてておられる。

    ブルースです。


    自然に心の回路がジリジリと外界にアウトプットしてるのでしょうか。

    やたらひたすら心地よい。


    気分がシンドイ時って逆にこういう人間哀歌聴くほうが優しく響くんですよねボクは。

    悲しいというよりむしろ優しいんです。


    ローランドさん。R.I.P。



    ローランドさんのヒストリーDVDも激しくオススメです。





    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:88 最後に更新した日:2014/03/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM