Shout At The Devil/ MOTLEY CRUE (1983)

0

    1. In The Beginning
    2. Shout At The Devil
    3. Looks That Kill
    4. Bastard
    5. God Bless The Children Of The Beast
    6. Helter Skelter
    7. Red Hot
    8. Too Young To Fall In Love
    9. Knock 'Em Dead, Kid
    10. Ten Seconds To Love
    11. Danger

    モトリークルーの2nd。

    当たり前過ぎてもう聞いていないくらい当たり前です。

    それってどんな感じかって言うとSEX PISTOLSみたいな感じです。と言えば判って頂けますでしょうか。


    派手な格好をしてデカイ音で役に成りきり 目立つ。

    結局元を辿ればKISSに辿り着くのは後に承知なのですが

    ボクの世代的にKISS全盛時は小学生。

    親戚のに〜ちゃんの部屋に四方八方貼られたポスターを初めてみてビックリしたけど

    小学生のときはアイドルや沢田研二やYMOに夢中。


    アイドル卒業(YMOは別) 〜ロックに傾倒=中学というダイレクトな時代にこれが出たんですが

    中学に入学した1982年のとたん ロックのふたを開けたとたん

    MTVが始まり

    邦楽/洋楽どっちゃもえらいこっちゃ。


    最初は友達と共有出来るRCやルースターズ、モッズ、尾崎、ハウンドドック、矢沢、浜省、稲垣潤一、アルフィーなどなどでした。

    地元の本屋で明星よりロックな本を探しあてたつもりがGB(ギターブック)。

    とんだイモ野郎がロッキンfやらミュージックライフを知ったのは中学3年という恐ろしい田舎もんやで。

    初めて読んだとき 化粧してる外人いっぱい出てくるわ 髪の長い金髪の日本人出てくるわ



    相当驚き〜の興奮し〜の。ワシは今まで何をしとったんやと冷や汗。

    だからモトリーを知ったのはこのアルバム発売一年遅れの中3ですよね。


    その頃

    チャリで15分くらいというまあまあ近所にコマシなレンタルレコードが出来た。

    それまではチャリで20分くらいのとこで5帖ほどの超狭い少ない品揃えの店しか無かったんですよ。


    さて お小遣いは月3000えん。

    今と違って駅前に一軒のみというセレブなコンビニなんぞでジュースやサンドイッチなんぞは買いません。

    レコードを買うなんて行為はほぼ一ヶ月死亡遊戯。


    ビデオなんか勿論ございませんので

    レコードをどないかして聴くのが唯一のロックンロードだったんです。

    ライブなんてとんでも御座いません。チャリで行ける範囲でしか行動しません。

    行くとかそんなの頭に無かったです。


    なので おとんのふる〜いテープに重ね録り。それがつきたら自腹でテープを買ってRECする。

    そんなレンタル・ダビング・ロックンロールな生活が始まったんですが

    そのコマシなレンタル屋でモトリークルーを初めて発見。

    SHOUT AT THE DEVILです。


    しかし

    レンタル中事件発生!

    裏ジャケに写るヤバいメンバーの出で立ち。

    はよ聞きたい。

    何度行ってもレンタル中。

    姫路の田舎モンのみんな 待ってたのか。

    事件だ〜事件だ〜


    テレビにも出ない。youtubeもない。


    どんだけ聞きたいと願っても聞けないんです。

    その頃はヘビーメタルに留まらず

    ほんまに忙しいほどにカッコイイ人らが登場し

    いっぱい聞きたいのがあったのでレコードなんか買ってられなかったです。

    レンタル代 カセット&レタリング代でひーひーいうてたんです。


    そのSHOUT AT THE DEVIL

    やっと借りられるまでに2ヶ月くらいかかった大事件 だった気がしますが

    そういった満を期し過ぎた感も極まり

    年玉で買うたワシのナショナルのラジカセから

    それはそれは衝撃的に響きました。

    悪魔的なミドルテンポでジワジワとモトリー色に染められ

    A面が終わりカセットをひっくり返して

    B面のアタマのズンタカタカタカと始まるツーバス&ベースの入り具合=RED HOTにガッツポーズです。

    はい。



    なんかビンボー田舎中学生の悲劇みたいな話になってしまいましたが

    そんな時代感もひっくるめまして

    スーパーヒーローだったとお伝えしときます。


    レコード、ロッキンfで見れる写真のLOOKSで充分の虜でしたが(BURRN!は中学の間姫路に置いて無かった)

    高校ハイスクールに入って初めてビデオデッキ持ってるトモダチの家で観た。

    LIVE WIRE
    )

    LOOKS THAT KILL
    )

    TOO YOUG TOO FALL IN LOVE
    )

    あとはUS Festivalのライブ。


    もうホンマビックリのうっとり。

    妖艶すぎるニッキー

    何よりトミーの超ウルトラCなドラミングに驚嘆しすぎた。

    全員カッコ良いこそヘビーメタルヒロイズム。


    なんか「普通じゃいけないぞ」とこの衝撃時に人生学んだ気がする。


    HELTER SKELTERの12inchには超デカいポスター付いてますよ。

    ワシは貼る用/保存用確保してます。





    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:88 最後に更新した日:2014/03/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM